« 2005年3月25日 | トップページ | 2005年4月17日 »

2005年4月3日

2005.04.03

商店街活性化

シャッター商店街と言われて久しい、地域商店街。しかし、大型ショッピングセンターの撤退、地元商店の頑張りで、
新しい地域商店が現出しつつある。
京都市内でも、商店街活性化の悩みはあるようである。
2007年以降、団塊の世代メンバーが地域の中で、その存在を見極めようとすれば、今の動きはもっと、加速化されるのでは?
先行事例から、地域商店街活性化の対応策について、2,3コメントしたい。
①既存資産の活用
 「何もないから困っている」と言う人々が多い。そうだろうか?その地域の文化、土壌は他に無いはずであり、
 単に、分かっていないだけでは??
②「主婦力、地域女性力」の活用
 ある地域では、主婦の料理を、一日シェフとして、メインにしているミニレストランがある。「自分の存在」を見つけようとっしている女性たちは多い。この力を大いに活用すべきと思う。
③地域内大学との連携
 学生の持てる時間、スキルは大きい。各地で学生との連携で、新しい地域イベント、活動の事例は多い。
④積極的な情報発信
 インターネットの力は、予想を超えた動きを我々に与えてくれる。そのためにも、まずは、情報を出すこと。

« 2005年3月25日 | トップページ | 2005年4月17日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ