« 2005年6月5日 | トップページ | 2005年6月18日 »

2005年6月12日

2005.06.12

新しい動き

京都で新しい動きがあります。
元々、京都は伝統工芸品をベースとする微細加工技術には優れた基盤があります。
京セラ、村田等の世界的部品メーカが多く輩出しているのも、無縁ではないはず。
今後、試作を中心とする基盤産業の育成を積極的に仕掛けていく。
単なるものを作るだけの試作だけではなく、組み合わせ、新規アイデアを具体的な形にするための、
企画化もその中心になります。
試作が出来るということは、その固有技術の確かさを含めて、裾野の広さがあるという事。
仕組み的にも、試作という工程により、企業の連携と技術の集積は大いに促進されるはず。
単なる箱物を用意し、周辺の支援をしても、具体的な技術、アイデアの結合が無ければ、新規ビジネスは
起きない。
一応、1.5兆円の新規数字を作り出すとの事。
昔、着物作成には、悉皆屋という全工程をキチンとまとめるコーディネータが京都にはいました。
京都が新たなる産業発信の場所として、一助したいものです。

« 2005年6月5日 | トップページ | 2005年6月18日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ