« 2005年8月21日 | トップページ | 2005年9月4日 »

2005年8月28日

2005.08.28

異業種交流と新しいビジネス

各地で、異業種交流が盛んなようですが、やや中弛み的状態のグループが多いのでは?
京都でも、約80のグループが活動しています。
滋賀では、数は多くないものの、中堅企業を中心に、頑張っているグループがあります。
しかし、従来の様な、夫々の得意なスキルを同レベルで提供し、形を創るのは、課題が多いようである。
まず、真に、競争力のある商品が価格を中心に、可能なのか?
今までの実績を見る限り、難しい。もっとアカラサマなスキームが必要。

コア企業が全面リーダシップをとり、互いが、企業としての経営戦略的な見直しも、含めた強い意識が必要。

仲良しクラブ、民主的行動では、お互いの持つ「強み」は活かせない。
個々の企業、行政側も、気付いて来た。

「新連携」と言う略称の新規法制化がそれの証であろう。
そして、それを補う為の、LLP,LLC等の新会社法の施行がある。

コンサルとしては、その「意識改革」を基本とした各社の仲介。
ベンチャー企業としては、新しいウォンツに対して、オンリーワンの技術を持つ企業の組み合わせ人として。

その交流の場では
・経営ノウハウをお互いに提示
・面白い行動の企業情報は?
・製造、サービス業界の複合的アイデアは?
等を意識しながら、単なる顔見せ、飲み会からの脱皮を。

« 2005年8月21日 | トップページ | 2005年9月4日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ