« 2006年1月8日 | トップページ | 2006年2月4日 »

2006年1月26日

2006.01.26

皆で、作る自前ネット、にんじんネットとは?

1月23日風邪がひどかったが、ともかく、長崎へ出向いた。
長与町にあるにんじんネット協議会へ、好きもの五人の訪問となった。

にんじんネットについては、以前に、200万円で作った無線ネットと言う見出しで、紹介はした。
しかし、実際は、どうなの?
これが、五人全員にあった思いでは?

理事長でもある、藤沢先生に現場を見ながら色々と、シツコイ質問が出た。

□加入者は500世帯(500人)

□基地局は27局あり、自前で設置場所を確保したのは、5箇所とのこと。
  台湾製を使っているが、問題なし。サーバーは2箇所に設置して、にんじんネットのサービスと
  外部への接続サービスをしている。
  VPNなどと言うセキュリティは殆どかけていない。

□事務局長、事務員さんの2名体制で、加入者対応、トラブル、メンテナンス等をこなしている。
 2人で十分とこと。何かと言うと、人をかける我々の発想は、かなり時代遅れかな?

□事業収入は、加入金が主であるものの、キチンと事業は回っています。

□チョットびっくりしたのは、回線品質?を図るための「手作りアンテナ」。ちゃんと、製作マニュアルもありました。
 何かあると、直ぐに物探しに走る我々、チョット反省。

□更に、びっくりしたのが、いままで、一円も、行政からのお金をもらっていないこと。
 何か?につけて、補助金、交付金と騒ぐ我々、大いに反省。

十分、200万円で、出来ます。
町の皆で、自前のネット。コミュニティでの仕事の原点を教えてもらった気がします。

是非、この京都、滋賀で第二、第三のにんじんネットを作って行きたいものです。

« 2006年1月8日 | トップページ | 2006年2月4日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ