« 2006年12月22日 | トップページ | 2006年12月30日 »

2006年12月24日

2006.12.24

FON,WjMAX,他

最近、新しい無線の話題が多くなってきた。
fon  スペイン発のWifiネット、無線のアクセスポイントを共有して、皆で使おうというもの。
まだ加入者は4万人程度との事で、そんなに多くは無い。

但し、ここ数日間、technoratiのランクでは、上位を続けている。一般での報道は、ほとんどない。これは、fonJapanがブロガー向けの説明会を開催したから。
小さな無線ルータを購入するだけで、全世界の人たちと情報のやり取りが出来る。

でも、これって実は、4年ほど前から、京都の街中でやっていたシステムと同じ。街角、個人の軒先に、アクセスポイントをを置いて、電波を皆で、使おうとしたサービス。300箇所ほどに設置し、結構頑張っていたのですが?
全世界までの展開はなかった。このあたりの発想の違いが今回のfonとの差かな??

Wimaxも、全世界的には、かなりの進展を見ているようであるが、日本では、周波数をどうしようとか??中々進みません。これが、良いのか?悪いのか?
YOZANが頑張っているようですが、全国展開できるのか?チョット怪しい。
最近は、コンテンツのグループ化も合わせて、アッカーネットという会社が色々なグループに声をかけているようですが、、、。10Kmの距離を、75Mbpsという高速で対応できるという潜在力はあるようですが、それを使いこなすサービス提供者がいるのか?
また、サービス受給者がいるのか?
ヤフーのがんばりもあり、国内では、100Mbpsという高速ネットがチョットした田舎でもある日本のインフラ事情からみても、有線の引きづらい場所、超過密地域などでの使用が無線での有効性が活かせる場所、チョット上手くサービスを仕掛けないとニッチな市場に終わってしまう。

でも、チョット見方を変えると、我々サービスを受けるものが頑張ってその活用を考えるのが当たり前なのだが?
どうも、皆さん、その意識が薄い。今まで通りであれば、別段頑張る必要がないのでは?という大多数の人を如何に、上手くその気にさせるか?我々も、頑張って考えて行きたい。
まずは、その仲間集めが肝要ではあるが。

« 2006年12月22日 | トップページ | 2006年12月30日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ