« 2007年2月8日 | トップページ | 2007年2月12日 »

2007年2月11日

2007.02.11

インドと団塊の世代論議

昨日を含めて、最近、NHK番組で、チョット考えさせてもらっている。
インドの特集号が先々週あった。国全体としての教育、人材育成への傾注。日本の教育論議のダレと無気力さは、如何ともしがたい。目的の明確さ、人生定義の確固たる進め。国全体が、教育というテーマに沿って、進む、その強さ。
700万とも言われる団塊の世代のリタイアが始まると特に、メディアを通じて、うるさい。
NHKの特集があった。
将来1人の老人を2人の若いメンバーが面倒を見なくてはならない現実。
団塊の世代がばら撒く退職金他で、日本がかなり活性化するという楽観主義者。
団塊の世代の今後の世代への真剣な取り組みを願う願望主義者。
圧倒的な数の論理が規範となる日々。

蕎麦つくり、その他悠々自適的生活を望むヒトもおられる。だが,それは、夢の世界。
自分のスキル、ノウハウを社会に還元するしくみと本人の強き意思。
ほとんど周りでは、見られない現象でもある。
何か弱い日々。

« 2007年2月8日 | トップページ | 2007年2月12日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ