« 2007年3月27日 | トップページ | 2007年4月7日 »

2007年4月1日

2007.04.01

チョット目を外に向けて

自分のテーマもあり、中国の状況を色々と見ていますが、農民の疲弊、格差の広がり(日本国内のはかわいいもの)、資源の食いつぶし、民度の低さ、行政メンバーの品性の低さ、など枚挙に暇の無い実情がある。これが、14億とも言われる人々を支えていけるのか?
大いに疑問。
中国は、何時壊れるか、分からない。チョット怪しい国でもある。上海の高層ビル群を見て、驚嘆している人々も多いようではあるが。

BRICsと囃される国々の実情は如何に。
もっとも、最先進国といわれるアメリカにおいても、、、、、。まして、日本では、、、、。

最近は、VISTAが次の有力な国々とのこと。
Vは、ベトナム。
Iは、インドネシア。
Sは、南アフリカ。
Tは、トルコ。
Aは、アルゼンチン。
とのこと。
確かに、ベトナムは、国民の人柄、真面目さ、手の器用さ、学力の高さ、などで、結構評判は、高い。
あとの国々は、資源関連の国々。何か、意図的な選定があるようではあるが?
確かに、これからは、資源国家は強い。ロシアの最近の力強さは、石油、ガスの地下資源によるもの。

オッサンとしても、地域に骨を埋めることで、地域のみに、意識を向けることも大切であるが、「グローカル」という言葉にもあるように、グローバルの意識、情報をベースとしたローカルの対応は必要である。
また、「これが、出来るのも、経験を積んだオッサンの出番。
私の周りのも、結構海外で、頑張ってきた企業OBが多い。
私も、チョイ寄りの国が多いものの、10数カ国を訪問した。日本の良さを知るのも、また、他国を知るにあり。

VISTAは、アルゼンチン以外は今だ無し。
是非、行きたいものである。
トルコのイスタンブール、文明の結節点、東西文化の融合点、ローマ帝国最後の華か。
チョット脇道にそれた話ですが、時間的余裕のオッサン時代、是非、どうですか。
Cimg0158

« 2007年3月27日 | トップページ | 2007年4月7日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ