« 2007年4月1日 | トップページ | 2007年4月9日 »

2007年4月7日

2007.04.07

つながるということ

SNS、ブログ、Web2.0
いずれも、最近、よく目に付くキーワードである。
mixi、その他のコミュニティを動きを見ても、人々が、何かのつながりを求めているのは、確か。

変化に柔軟性の高い若い人が、従来のつながりを新しいやり方に求めるのは、当然としても、シニアのしかも、まだ、これから数十年を社会の中で、生き延びようと?する人々のインターネットをベースとするつながりに、ほとんど、意識が無いのが、チョット不可思議。
そういう私も、十分に、活用しているか?は疑問であるが。

グローバル的に、見ても、Myspace、Linkedinなど様々なSNSがある。
単なるつながりを求める、仕事のツテを求める、何かの属性に合わして集まる、などなど。
従来の顔を合わせて、、、というのも、40代??以降か?20代では、パソコン、携帯でのつながりが日常化している。

「6次の隔たり」というコンセプトがある。
友達の友達が6,7人いれば、世界のあらゆる人とつながるという考え方。既に、実証もされているとのこと。
日本では、
楽天リンクス、ライブドアフレバ、フォト蔵、VOXなどが楽しみである。

いま、企業メンバーのつながりをブログコミュニティで、やる気のあるシニアも同様のネットワークで、つないで行きたいと仲間集めをしている。
これに、地域の属性が上手くリンクしていければ、過去に、上手く行かなかったコミュニティポータルの新しい形として、地域でのサイバーお隣さんが出来上がるのでは?
大いに期待したい。
インターネットでの色々な弊害、悪さもあるが、良さを取るのか?逃げるのか?選択であろう。

Photo_12

« 2007年4月1日 | トップページ | 2007年4月9日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ