« 2007年8月19日 | トップページ | 2007年9月2日 »

2007年8月26日

2007.08.26

非顧客の顧客化

激戦の時代であり、変化の激しい時代でもある。
昨日まで顧客であったが、既に、顧客ではなくなり、全く別な世界の顧客と思っていたのが、突然顧客になる。
その流れに、的確に乗ったのが、所謂、勝ち組なのか。
Cimg0151

是非、頑張っている中小企業はそちらになってもらいたい。
競争なしで、新しい顧客を創造する、素晴らしいことである。

①代替ビジネスの実施 機能、形状は異なるが、同じ目的を果たす代替産業のビジネスモデルを適用
⇒インターネットサービスでのiモード携帯
②戦略グループの別モデル適用 業界内の価格、機能などによる様々な戦略グループのモデルを適用
⇒古書業界でのブックオフの「綺麗な中古本」
③買い手グループの再定義 当社製品、サービスの顧客向け価値の見直しと新規顧客の創出
⇒ワイン、焼酎など想定顧客の見直し
④補完サービスの見直し 買い手の必要とする補完サービスと当サービスのトータルサービスは?
⇒旭山動物園の「見せる+実際行動」の総合サービス化
⑤機能志向、感性志向の転換 現サービス、商品の機能志向、感性志向の再定義
⇒スターバックス(単にコーヒーを飲む場所から楽しい空間提供)
⑥時間軸 Web2.0他新しいトレンドのフォローが必要
⇒CGMの拡大を前提とした顧客囲い込み@cosme

この6つのアプローチパターンは参考になるのでは?
いずれにしろ、製造業にしろ、自分たちの事業価値が「顧客へのサービス提供」であることを看過したものが勝者となる。

« 2007年8月19日 | トップページ | 2007年9月2日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ