« 2007年9月18日 | トップページ | 2007年10月1日 »

2007年9月28日

2007.09.28

販路開拓

最近、中堅中小企業の経営トップの方とお話をしていると、多い話題は3つ。
若いメンバーの育成、営業力アップ、コスト競争力アップ。

それもあり、今まで、個別にやらないとチョット無理かな?と思っていた「営業力強化、販路開拓支援」
の研修型セミナーを始めた。

Cimg0138

■まずは、自社の理解
SWOT分析といわれる「強み、弱み、機会、脅威」を紙に書き出し(この書き出すことが重要)、それを組み合わせて、新しい行動課題を創出する。
ある程度の規模の会社であれ、SOHOの会社であれ、見える化、見せる化すると、結構、見えていないものが見えてくる。

■戦略マップ化
現在の顧客をベースに、自社の新しい見方、気づきを加えて、新しい顧客を6つの視点で、見直す。
・代替サービス的としてアプローチは?
・補完サービス的に見ると?
・顧客を見直すと?
・同じ業界で、対極的なサービスを自分たちでも出来ないか?
・機能的なサービスを感性的に見てみると?
・新しい環境では?
少しは、新しい市場、顧客が形を見せてくれば、結構なこと、、、、。

これをベースに、今まで、顧客として、見えなかった非顧客を新たに、見せる。
ただ、横にいたはずであるが、見えていなかった「新しい顧客」

それを従来のフェース2フェースを基本とする実営業の手法とWebによる営業手法を組み合わせる。
営業メンバーの多寡ではない。
顧客へのサービスを第一と考えれば、自ずと導きだされるやり方。

少し、考えてもらいたい。
結構、いけるはず。
私の経験からも、是非。

« 2007年9月18日 | トップページ | 2007年10月1日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ