« 2007年10月8日 | トップページ | 2007年10月21日 »

2007年10月13日

2007.10.13

新しいビジネスに向けて

Cimg0243
最近は、新しい顧客開拓、新規営業チャネル開発等をベースに、幾つかのテーマの研修会、研究会を多くやっている。
参加するメンバーは多くは無いが、真剣である。
1社でも、実績を上げて欲しい。
■Web2.0を自分たちの商売に、適用できないか?
一つやっている研究会のテーマである。
ブログ、SNS,そして、CGM。いずれも、個人の思い、意見、感想が商品、製品、サービスの評価を下す。
まだまだ、多くは無いものの、既に、気の利いたメーカ、サービス会社などは、それを積極的に活用している。

参加メンバーの一人(結構若者だが)が今までは、インターネットを使って商売するのは、亜流のことと
思っていたが、考えを改めるとの事。喜ばしいことです。
しかし、多くの中小企業の経営者は、多分、彼と同じ思いがある??

しかし、1本の3分ほどの映像がYoutubeという無料投稿映像サイトに投稿され、その面白さから、その映像を
見た人が200万ほどいる、そして、同じ商品をテーマとした自分の映像を投稿した人が14万人。
その内の1つの映像には、なんと、300万人の人が見に来ている。

この事実を企業経営者として、どう見るのだろうか?1観客となって喜ぶだけ、、、経営者としては、失格。
広告費用をほとんど掛けずに、しかも、消費者側の人間が更に、宣伝してくれていると言う事実。
商売のパターンは変ってきているのである。
しかし、それに気付かない人もなんと多いことか???

■販売開拓を少し、戦略的に
まず、自社をキチンと理解しなさい。
そして、見えていない顧客を見るためのやり方を学びなさい。
まだまだ、勘と度胸と努力、KDDの世界である。

先行して頑張っている企業のやり方を学んで欲しい。
実際の営業では、無理と判断し、Webマーケのみにその活路を開き、新しい顧客の開発した旅行代理店。
何でも屋から他の会社が出来ない特殊バネ、ネジ、金型に自社を徹底的に特化し、夫々、成功している
製造業。染み抜きの得意な分野を活かし徹底的なロングテール的クリーニング屋として、成功しているお店。

全てが、過去の自分と現在の自分を冷静に分析し、将来の自分を作り出した結果である。
しかし、多くの企業は過去の遺産を大事に、細く、長く活かそうとするのみ?
今の研究会、研修会の参加者が2倍、3倍になれば、、、、、このような憂いはないのですが。

« 2007年10月8日 | トップページ | 2007年10月21日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ