« 2008年1月25日 | トップページ | 2008年2月9日 »

2008年2月1日

2008.02.01

2008年注目ITトレンドと中小企業

現在、京都、滋賀で開催している研究会の対応もあり、先進企業のメンバーとの会話、東京でのセミナーなどへの参加をしている。
IT関連トレンドの速さは、加速している感じがする。
ガートナーが注目しているIT技術トレンドを聞いた。ただ、ガートナーの対象は大企業であり、中小企業向けとしてみた場合は?如何になるか?
・Webプラットフォームの進化
Saasが企業ITインフラの中核となりつつある。業務サービス構築のスピード、アウトソースされた運用系、トータルコストの安さ、いずれにしろ、中小企業のIT化には必須となっていくのでは。
京都の研究会でも、この特徴を活かし、既に、サービス化を進めている。このベースから、既に、SalesForceが進めているアプリケーションの基盤化、アプリのECコミュ二ティ化のミニ版でも、京都で開始されると嬉しい限りである。
・Mashupと統合アプリ化
Mashupが数年後には、企業アプリ開発の大勢を占めるとの事。
当研究会では、企業向けには、まだ時間がかかるとのコメントが大勢であったが、既に、活用されているREARDENの使用ユーザ数の速さから推測するに、中小企業のフロント系業務に、積極的な適用を考えても良いのか?
・ソーシャルソフトウェア
現在でも、NING,Facebook,APexchangeなどで盛んになっているアプリケーションの公共性の高まり。作りたい人が作り、使いたい人が使うという基本思想。ソフトベンダーには、大変な脅威であるが、中小企業、ベンチャーなど使用ユーザにとっては、大いなる福音。10百万の開発費用で、ビックリしている中小企業にとっては、自社のコア技術のアップに活かせる費用が出てくるだけでも、大いに期待したいものである。

その他、グリーンIT、仮想化2.0、ビジネスプロセスモデリング、リアルワールドWeb、
メタデータ管理、コンピューティングファブリック
などが上がっているようであるが、まあ、あまり中小企業とっては、、、、、。

« 2008年1月25日 | トップページ | 2008年2月9日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ