« 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月14日 »

2008年4月6日

2008.04.06

シニアの元気は?

チョット書き込みが遅くなったが、3月は、行政からの委託もあり、シニアを活性化?させるためのイベントを多く開催した。
対象となる55歳から65歳までの顔が中々見えない。団塊の世代だけでも、滋賀では7万人と言われているが、寂しい動きでもある。しかし、少しは、動きが出てきたようで、その辺の事例を少し紹介して行きたい。

□2月末のシニア元気大会
当初の参加申し込みは300人を越えていたが、当日の大雪もあり、200強の参加者となった。
活動グループも40を越して、里山グループから料理、喫茶店グループと多種多様でもある。
実行委員として、どこまで、PR出来たか?不明であるが、結構紹介パンフを持っていく参加者も多く、一応成功。
Photo
良かったのは、前述の55歳から65歳の参加者数がちょうど半分であったこと。前回は65歳以上がかなり多かったことを考えると、地域での活性化にチョットは弾みがつく?

□シニア人材交流会
大津と近江八幡で、開催した。
頑張っているシニアの紹介をチョット。
・自然薯作り
人工栽培が難しいと言われる自然薯(山芋の一つ)を大量に栽培し、シニアによるビジネスを推進しているグループがある。参加メンバーには、団塊世代の退職直後のメンバーが結構参加しているとの事。主宰者も、単に、趣味的な集まりではなく、自分たちで、少しながらでも、収入を売ることが重要との事。本当に、そうである。
・パソコンインストラクターの育成
シニア情報生活アドバイザーと言う資格が在るとの事。パソコンの操作を教える先生を育成したいとの思いから、
このアドバイザー資格を取り、NPOを作って、頑張っているグループ。
・映像を撮って、地域紹介と人のつながりをつける
住民ディレクターと言う活動をチョット前から滋賀でも始めている。この活動の有力メンバーは元気なシニアと若いお母さん。いずれも、自分の時間がある人たち。この活動を10数人で、頑張っているメンバー。
等など
近江八幡では、よるの8時近くまで、50人近い人がテーブルを囲んで、色々な話と活動紹介に、付き合ってくれた。
ボランティアとチョット商売をする人。是非、自分たちの仲間を見つけて更なる拡大をしてもらいたい。
Photo_2

« 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月14日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ