« 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月31日 »

2008年5月24日

2008.05.24

ユビキタスへの誘い。まずは、ケータイの徹底活用

携帯電話のインターネット接続契約台数が9000万台あまり、パソコンの高速回線接続が3000万台あまりとの事。既に、インターネットの主役はケータイなのである。
ケータイだけで、インターネットをし、パソコンでは、全くしない人、出来ない人も結構多いようである(シニアさん?)。
世の中、大きく変りつつあるのである。
チョットその辺に、ズレがあるのが、オッサンのオッサンたる所以ですか?

スマートフォンの機能の良さ、Googleモバイルでの、例えば、乗り換え検索のインターフェースのスムーズさ、列車トラブル時の情報表示の速さ(我が列車は、チョット風が強いと、直ぐに止まりますので、結構便利)などなど
ユビキタスの世界には、チョット間があるが、結構、ユビキタス的な気分である。

RFIDと言う個別識別の電子タグが既に、1個数円の世界に、なりつつある。既に、本物向けの識別化、個別管理などに、中国では、活用を始めている。
製造レベルでは、何時でも使えるようではあるが、システム全体をキチンと動かし、効率的な運用をするには、チョット時間はかかるようであるが。
また、無線でも、Wi-MAXと言う次世代無線システムがいよいよ、本格化。何しろ、10Kmの距離でも、今のブロードバンドの高速化が出来る。車の中で、家庭でのパソコン操作シーンを描けるのである。

商売でも、ケータイECは圧倒的な深耕化をしている。ネット通販を家庭のパソコンから、と言うのは、既に、古い。
歩きながらでも、通販は出来る。

本格的に、ケータイからの集客の時代になった。
特に、20,30代の女性向けには、必須なWebマーケツールなのである。
検索サイトの比較では、パソコンとケータイでは、機能的に劣るが、これは、マーケティングアプローチの違い。

以下の点をポイントに、キチンとフォローすれば、ケータイでの商売アップは可能である。
①公式サイト登録は必須。
②顧客アドレス確保
 プレゼント、オークション
③ケータイサイト向けページ作成
④独自のケータイでの滞在時間延長手法

まずは、ケータイマーケの実践、私も、是非、実行したい。

« 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月31日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ