« 2009年5月31日 | トップページ | 2009年6月13日 »

2009年6月6日

2009.06.06

ブログからビジネスブログへの進化

Gazeplot


人の眼は、このように動く??


ブログは個人的な意見、思いを広く伝えるには、これほど良いコミュニケーションツールはない。
しかし、これをビジネスブログとして、活用するとなるともう1段上の手法、考え、熱意が必要となる。
ブログとビジネスブログには、この点で、大きな差がある。

今、地域企業、商店メンバーへのビジネスブログセミナーを開催している。
皆さん、熱心だが、ビジネスブログへの取り組みは、、、、、チョッと苦労している。
しかし、Webマーケティングの活用として、ブログを基本とした顧客対応、営業力アップには、その簡易性、SEOへの馴染みのよさに加えてトラックバック/RSSなどの仕掛けによる顧客、社員含めたつながり力の良さは、中小企業のソリューションとしてはかなり有効なのだが、、、、、。
各企業では、まだまだ、十分なる理解を得ていないようである。

各企業経営者も以下のような流れを理解してもらい、是非、営業力アップに活用してもらいたい。
まずは、顧客の仮説化
①主たる目的(誰に)とターゲットの設定
 ブログは他のメディアとの連携が重要であり、従来のWebサイト以上に、ターゲットの絞込みが重要です。
②ライター(誰が)の設定
 ブログは、個人の参加、発表が容易であることから、「誰が」書くのかが、重要です。
 以下のポイントで、設定する必要があります。
 ・そのテーマに対してキチンと語れる人
 ・継続的に読者との会話が出来る人
 ・頻繁に更新出来る人(意欲、時間ふくめて)
③テーマ(何を)と獲得目標の設定
 特に、獲得目標は何なのか?商品販売か?会社のPRか?ファン作りか?
④機能の設定
 双方向性の仕掛け、メインテーマからサブへの流れ付け(ポジショニング)など
そして、サイトとしてのシナリオ化
⑤コンテンツ
 ブログは情報の鮮度がポイント。一定周期の更新が必要です。
 内容は、「誰に」「何を」により題材の設定を行う。
 題材 現場の声、顧客の声、小さな話題、気になる雑談。
     製品紹介、社員紹介だが、チョット良い点、面白い点、裏話など
     ビジュアル素材の活用(イメージ、写真、動画)
⑥記事のタイミング
 読み続けてもらうための仕掛け作りが必要。
 以下のポイントで、設定する必要があります。
 ・季節性をベースとした記事
 ・イベント、セミナーなどと連動した即時性
 ・カテゴリによる記事の分類とバリエーション作り
 ・流れの意識(起承転結、連続記事化、序破急)
⑦画面変化(デザイン)
 ・トップバナーは全体のアイキャッチ
 ・サイドバーの表示(サブコンテンツ配置、カラム設定)
そして、自社サイトへの誘導
ブログは、コメント機能、RSS機能、トラックバック機能を活用し、更なるマーケティング力アップを図っている。
⑧口コミの可視化
 メインブロガー(インフレエンサー)の把握とニュースソースの特定により、情報拡大の流れを把握する。
⇒「Technorati」の活用
・検索(キーワード、URLを含むエントリの表示とブログの被リンク数の表示が可能)
・トップニュース
・ウォッチリスト(設定されたキーワードを含むエントリがあるとRSS発信により、連絡)
・ダイナミックランキング(ブログにジェネレイトされたリンク数により、リアルにランキング化)
⑨トラックバック活用
 トラックバックの情報を集約する事により、個々の傾向と全体の動きを表示する。
・ケンプロ
・オンライン書店ビーケーワン
・Blogpeople
  ある設定したテーマにトラックバックで、コメントする。
これらを上手く使いこなし、継続的なシツコサで、まとめていくと、それなりのWeb活用効果が出てくるはず。

« 2009年5月31日 | トップページ | 2009年6月13日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ