« 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月27日 »

2009年6月20日

2009.06.20

Googleツールの凄さ

200906211445191

梅雨の一休み
比良山の上に雲がたなびいています。


最近のWebマーケティングは大きな意識改革が必要なのでは?と思う。
フラット化する世界の進化は、国の流れも変え、人の行動も変えて行く。
何時でも、映像の形で、世界が自由に見え、全ての情報が対面しているパソコンから自由に取り出せると言う感覚。そして、その感覚が当然の形で、行動化されているネット世代といわれる30代の青年群。

既に、リアルの世界の活動がベストとの考えに囚われている中年の方々は、顧客へのアプローチ、その成果の享受はありえないのかもしれない。

自社のポジション、他社の活動状況、顧客への対応、全てがWebの世界で、収集し、選別できる。
今回は、その一端である「Googleツール」について概況を述べよう。
Web世界での特定ワードから色々と把握が出来る。
①Trends
あるキーワードがどれだけ検索されたか?件数の推移をグラフ化して、提示する。これにより、世の中の思い、考えの概要が見えてくる。
②Adwordsキーワードツール
あるキーワードの過去の検索状況が分かる。例えば、競合サイトがどのようなキーワードで、売り上げがアップしているのか?分かる。
③アラート
指定したキーワードに関連したサイト情報をメールしてくれる。
関連他社、業界の動きが把握できる。
④ウェブマスターツール
サイトマップデータの作成方法と生成ツールであり、SEO的に有効となる。
⑤ウェブサイトオプティマイゼーション
サイトのコンバージョン率、直帰率を上げるための改善策が分かる。
⑥Analystics
指定サイトのWebアクセス解析を行い、Webサイトの強化を図る。

Webはデータも、システム運用的にも、全てが、デジタル的、定量的に把握される。このため、系統的なアプローチ、具体的な目標数字に基づいた戦略が必要である。既に、勘と度胸のKDDの世界は遠い昔。

Google以外でも、Yahooも同様のツールを持っている。また、ピタゴラスと言うツールは、自社のポジション、キーワードの設定具合など、もすぐに、提示してくれる。
Webマーケティングも、過去の経験よりも、多数存在し始めた上記のようなツールをいかに上手く使いこなすか?の時代になっている。

« 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月27日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ