« 2009年6月20日 | トップページ | 2009年7月4日 »

2009年6月27日

2009.06.27

Webマーケティングを更に戦略化へ!!

200906271602042
我が家のチョット変わった紫陽花、まだ、満開ではありませんが!!


前々回ぐらいに、Webマーケティングを3C+1Cのポイントで述べたが、具体的に、自社の中で、推進するのは、
戦略化フェーズ⇒企画化フェーズ⇒開発フェーズ⇒運用、運営フェーズをキチンと実施する必要がある。
今回は、戦略化と企画化フェーズを述べるが、次回では、運営、運用フェーズについて、少し詳しく述べたいと思う。

1)Web戦略化フェーズ
Webマーケティングの全社における位置付けと他の重要経営課題との関連をよく認識し、戦略実施が必要です。
・顧客の仮説化 ・アプローチ施策 ・サイトフレームの基本方針を策定する。
まずは、経営戦略、IT化戦略の分析、策定をベースとする。
 例えば、重要経営課題が □新規顧客開拓(最優先課題)
                  □顧客維持の強化   である。
戦略マップにおける行動項目との連携より、以下のポイントを重点的に実施する。
・テーマ   例えば、 コアコンピタンス「ネジ」の技術力提示
              「ネジを通じた社会への貢献」
・主要顧客  中堅製造業の購買担当者

・リーチ手法  集客化⇒新規見込み⇒顧客⇒ロイヤリティ化 の継続的フォロー
・Webソリューション 
    メルマガ(最新情報と思いのプッシュによる認知度アップ)
    ブログ(個人レベルの情報提供。技術含めた最新情報)
    データベースマーケティング化(顧客への個人プロファイルに基づくアプローチ) 
・Webサイト(自社の明確なポジション作り)
・レスポンス  見積回答、トラブル回答、納品など主要行動の設定
・フロー   LPページ作成とLPへのフロー強化
・目標数字の設定(訪問者数、PV数、問い合わせ数などで、KGI、KPI化)

2)Web企画化フェーズ
①サイトコンセプトの具体化
 戦略フェーズをベースとして、本Webサイトでのコンセプトを具体化する。
 「新しい顧客の開拓と確保」が最大のテーマ
  ⇒コミュニケーションが出来るサイト
 ・顧客との信頼感の醸成と確立
    「ネジ」にかける思い。技術屋としての誇り。適確な情報の提供。
②サイト構造
  情報統合ポータル的構造により、顧客と社内業務体制(メンバー)との有機的連携
  顧客⇒全体管理のWebマスター⇒各情報コンテンツオーナー⇒イベント情報化
  イメージ図による全社の意識統一が重要
③コンテンツ企画
 静的コンテンツ□、動的コンテンツ■の区別による効率的運用
 □自社の理解⇒顧客への安心、そして信頼感の醸成
      ・会社の概要 ・役員、社員のプロファイル ・今までの実績
 ■「ネジ」の技術紹介⇒信頼感の確立
 ■顧客の声
 ■受注物件の進捗状態
       現在の工程、完了予定日、引渡し日
④「ブログ+メルマガ」によるブランディング企画
  各コンテンツの基本は③に順ずる。
  ブログ 動的コンテンツ     メルマガ  トピックス、顧客の声

« 2009年6月20日 | トップページ | 2009年7月4日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ