« 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月29日 »

2009年8月23日

2009.08.23

ITを理解してくれる経営者

セミナー研究会と何10社もの企業と会うのだが、経営とITを明確な形で推進しようとしている中堅中小企業の
トップは中々、多くない。
まず、IT関連セミナーに社長自ら来て、色々と話をすることが少ない。
今開催している京都のセミナーも60人ほどの参加はあるもの、経営トップに近い方は、10名ほど。

確かに、各社ともに、一応の情報化は進んでいる。しかし、そのベースに、明確な経営戦略を持ち、
社内での活用推進を実行している企業はまだ多くない。

先週も、2社ほどの企業からIT化を中心とする支援を依頼されたが、今回の企業は、話を進めていても、
中々、楽しい。経営戦略とIT化への思いが明確である。
その1つは、5店舗ほど店を持ち、画材などを手広くやっている企業である。IT化もそれなりに実施
してきたが、思うような成果が出ていないので、原点に帰り、中期計画をIT化を中心に、まとめて
行きたいとの思いのようである。
実営業を中心とした現状をWeb化の流れに会う様に、自社を変え、優先順位を決めて、確実な売上げ
アップを図っていく。これが、今回の基本スタンスである。

これらの支援とは別に、IT化を積極的に進めている中小企業の社長に思いと進め方の話を聞きに行く
こともあり、チョッと前にも、チョッと特殊な部品を製造加工している大阪の企業を訪問した。
その企業も当初は、正に町工場のごとき状態であったが、ある大口商談の時に、工場全体の汚さを
理由にキャンセルをされたことがあり、それ以来、3Sの徹底とISOの認証、社員の意識改革を
進めてきた。その時の重要なポイントに、IT化推進による社員のモチベーションアップ、外部への
情報発信の強化があったとのこと。
更には、全社情報化構築のための全社の業務の整理、分析などから業務フローの見直し、
そして全体最適を目指したIT化戦略の策定まで進めてきた。

社長の思いと社員の思いを明確な形とし、実施すべき業務を見直し、それを実現するための
IT化までの実施。
やるべき事をトップの率先した行動をベースに、全員が参加の形で、進めていく。

是非、他の頑張ろうとしている企業もこのような形で進めもらいたいものである。
滋賀でも、京都でも、数10社の参加はあるものの、中々、その姿が見えない。

« 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月29日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ