« 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月25日 »

2010年6月19日

2010.06.19

Web戦略化の薦め

一昨日に開催した研究会からB2BでのWeb戦略策定について
チョット、一言。

①まずは、自社の経営戦略⇒営業戦略⇒Web戦略化の流れが
キチンと出来ていることの再確認、認識アップ
・経営戦略作成の概要
如何にして、自社の課題を明確にし、何を中期的に実施すべきであるか。
この実施項目にWeb化、サイト化が無ければ、効果のあるサイトにはならない。
・動画、事例による説明
バネの会社、段ボールの会社、メッキの会社、竹加工販売の会社
いずれも、会社全体としての流れの中で、キチンと、Web戦略を実施している。
②Web戦略策定への流れ
基本は、戦略フェーズ、企画フェーズ、設計フェーズ、運用フェーズである。
・戦略フェーズでは、経営戦略に合わし、テーマと主要顧客の設定が重要である。
5W1Hの考え方が必要である。
トラフィックを集めることがまず基本であり、SEO化、ブログ、PPC広告
などの各Webソリューションをうまく使う事の施策もポイントとなる。
・企画フェーズでは、サイトコンセプトの明確化、構造化、コンテンツ企画化が
ポイントとなる。有力他社サイトも参考とすることで、企画力アップも図れる。
また、顧客行動の基本であるAISASを認識することが、顧客が必要とする
情報(コンテンツ)を上手く提供出来るポイントとなる。
・設計フェーズは、自社のターゲット顧客に実績のあるWeb会社に依頼する
事が望ましい。自社メンバーで、構築している企業も多いが、このフェーズは、
プロに任せるべきか?但し、サイトマップはこちらで、基本項目の提示はする
べきである。
最重要な、
・運用フェーズでは、アクセス解析データをベースとした日次、月次、年次
での分析と関連部門含めた対応が重要である。
Webは構築、再構築して直ぐに結果の出るものではない。日々の顧客分析の
積み上げがあって、ある日から急激なアクセスアップがあるものである。
日々研鑽を、何処まで出来るかが、ポイント。結構、途中で、あきらめて
負のスパイラルに入るサイトが多いのも事実である。
継続出来るための体制とルール化が肝要である。
最近は、自社サイト分析、他社サイト分析、キーワード分析、サイト行動
分析など、様々な支援サイトが多くある。属人的な対応から組織化へ、
特に、中小企業では、考えてもらいたい。
運用をキチンと実施するには、はじめの全社としての方向付け、戦略化
が重要となってくる。是非、自社戦略策定の推進をして頂きたい。

また、これが、多くの売上げの上がるサイトの実施策でもある。

« 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月25日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ