« 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月14日 »

2010年8月6日

2010.08.06

Web活用セミナーより

先日、3時間ほどのセミナーを開催した。
テーマは顧客、販路拡大のためのWeb活用セミナー。

中小企業の多くは、本格的なWebサイトによるビジネス拡大が出来ていない。
一番の問題は、経営トップの意識がまだまだ、インターネットをビジネスの
副次的なものと見ているからと思う。しかし、最近の周りの状況、最近出た
経済産業省の報告書である「情報経済革新戦略」からも分かるとおり、Web、
インターネットは、ビジネスの主体になっている。
「フラット化する世界にも書かれているように、我々は、30億の顧客と
同時に、同数の競争相手を持っている。

今回は上記の背景を踏まえ、非常に頑張っているB2BとB2Cの先進企業
の社長に約50分ほど話して頂いた(もっとも、当初は40分の予定であったが、
皆さん、熱が入りやや時間オーバー)。
そして、海外事例企業の予定であったが、適当な企業がおらず海外サイト構築を
専門としているSE会社から、具体事例を含め、海外向けのポイントを
話してもらった。

特に、感じたこと
①B2Bの企業は大阪のベローズ製造会社であったが、ブログの徹底活用、動画
サイト化などで、1年間で数千万円の売上げを達成した。特には、
・顧客を研究所など、キチンとターゲット化したこと
   顧客のロングテール化対応
・展示会とWebサイトを両輪で活用
・会社全体の組織作りにも注力したこと
・ブログを色々な形で使い、ブランディング化を推進

②B2Cの企業は高知の竹材の企業であったが、既に、10数年の頑張り
で、様々なEC関連の賞などももらっている。そのコンテンツの豊富さと
丁寧さは特筆する。
特に指摘されたのが、
・顧客の絞込み(バッファローの群れと言う表現であったが)
ペルソナ的なアプローチをしている。
・B2Cの場合は月商100万まで頑張ること
高知でも、グループで色々と勉強会をしているが、ここまで行けば、続くとの事
・お客様にその地域の空気、雰囲気、文化を伝える工夫が必要
例えば、竹商品を送る時に、高知新聞を包み紙?として使用など
・急激な商売は無理、日頃の積み上げが現在の会社の売上げになっている
1.1×1.1×1.1×1.1、、、、、、、が全てとの事
・継続的な情報発信
30年ブログ(30年間ブログを書き続ける)の話

③海外向けサイト
・サイトの明確な役割確定
何のためにサイト構築するのか、代理店開拓、ブランドアップ、、、
・運用改善を目標数字をきちんとしてPDCA化
・海外ではGoogleが圧倒的なシェアを持っているので、
如何に、Googleで上位表示するか、がポイント
その他画面制作上の具体的なポイントと合わせ、海外向けへの基本的な
スキルアップにはなったのでは、と思う。

私の経験と今回の講師から指摘事項をあわせると、以下の点をまずは、
取り組むべき。
・顧客の想定を具体的に実施する。
  商材特性に合わした絞込みが重要
・徹底した情報発信
  いずれも、ブログを活用している。メルマガも有効。
・顧客にとって「必要な情報」提供
  それに量が伴えば、更に強力となる。
・継続した運営の実施
  日々の顧客変化をキチンと把握し、それを直ぐに実施する。

今回は100人以上の方が来られたが、出来る限り多くの方が
これをベースに自社売上げアップに期待したいものです。

« 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月14日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ