« 2011年1月22日 | トップページ | 2011年2月5日 »

2011年1月29日

2011.01.29

またまた、新しい一歩へ

今週は色々あった。
新しい地域でのITセミナー、ビジネスモデル創り、基本設計書の確認、そして、起業・就職支援
セミナーであった。
今、失業率は特に、近畿は最悪との事。今回は、そのような中年向けのスキルアップの1つとして
開催された。今後の新しい一歩として、何かの気付きがあれば、幸いである。
テーマは「ビジネスプラン」、企業内での新規事業、起業としての事業計画化、参加メンバーの
思いにより、少し変わるが、2日間で、一応、両対応へのスキル、事例、企画書作成などを
実施した。こちらも、結構、パワーのいることであるが、参加者も、普段使わない部分の脳の
活性化は中々、大変であったのでは?

・まずは、最近のビジネス環境激変の理解アップ
特に、2005年からのインターネットの拡大に伴う変化の大きさについて、動画鑑賞も含め、
実感を味わってもらう?また、最近の1、2年はソーシャルメディア、ソーシャルビジネス、と言う
キーワードで代表されるよう、その変化は更に、加速されている。
マーケティングも消費者中心から企業と消費者の協働化、へと変わりつつある。

・起業事例について、自分の経験も合わせ、失敗例をポイントに説明。
売ることを考えない、傲慢さ、顧客の真のニーズを体感していない(頭での理解のみ)。
ビジネスをするのに、売ることを考えない?本当によくある話である。特に、技術者が
起業する場合はその傾向がある。良い物さえ開発すれば、売れると言うマーケティングへの
過信と無知。

・会社での事業化、起業する、でも重要なのが、自分、自社をキチンと把握する。
自分、自社の棚卸しは是非、してもらいたい。勘と一遍のアイデア(大切ではあるが)で、
事業が行くことは稀である。
強み、弱み、環境をキチンと見える化し、自分の、自社のやるべきことを明確にしていく
SWOT分析やバランススコアカードによる分析は結構有効である。
やるべき課題も明確になるはずである。
ベンチャーとして、起業する場合には、それに加えて、人脈の拡大、仲間作り、思いの熟成
等を再確認する必要もあるのでは。

・ビジネスモデルの構築
起業の場合は、思いの熟成がポイントであり、起業では、経営ビジョン、理念となって
いるはずである。まずは、
顧客にとっての魅力はあるのか?自分の強みと思いを活かしているのか?
事業継続性の可能性はあるのか?事業家への中期的な点も加味した課題を認識しているか?
を見える形、紙に書くなど、すべき。

・事業企画書はまずは、1枚で仕上げる。
事業テーマ、想定市場、提供サービス、販売施策、売上げ計画、資金計画、実施上の課題、
成功要因、他社概況、などのポイントをまとめる。

皆さん、2日間ではあったが、頑張ってワークしていた。これらをベースに新しい一歩への
気付きがあれば、うれしい限りである。

« 2011年1月22日 | トップページ | 2011年2月5日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ