« 2014年9月21日 | トップページ | 2014年9月27日 »

2014年9月25日

2014.09.25

和辻哲郎の古寺巡礼から思う事

和辻哲郎の風土からも思うが、ヨーロッパの風土、インドの風土、中国の
文化に対する造詣の深さには、感服する。
この古寺巡礼にも、仏教文化を中心とした造詣をベースとした様々な示唆が
見られる。私自身、全くの実力不足ではあるが、古寺巡礼を通したその想い、
感想から、日本人としての原点?について、少し、記述する。
全然、ずれている事も含め、勝手な個人的想いとしてではあるが。

和辻哲郎の基本的日本文化への想いは、最後に良く書かれている。

これらの
文化現象を生み出すに至った母胎は、我国の優しい自然であろう。
愛らしい、親しみやすい、優雅な、そのくせこの自然とも同じく
底知れぬ神秘を持った我国の自然は、
人体の姿に表せばあの観音(ここでは中宮寺観音)となるほかにない。
自然に酔う甘美な心持ちは日本文化を貫通して流れる著しい特徴であるが、
その根は、あの観音と共通に、この国土の自然から出ているのである。
葉木の露の美しさも鋭く感受する繊細な自然の愛や一笠一杖に身を託して
自然に溶け合って行くしめやかな自然との抱擁やその分化した官能の
陶酔、飄逸なこころの法悦は、一見、この観音と甚だしく異なるように
思える。しかし、その異なるのは、ただ、注意の向かう方向の相違である。
捕らえられる対象こそ差別があれ、捕らえにかかる心情には、極めて近く
相似るものがある。母であるこの大地の特殊な美しさは、その胎より出た
同じ子孫に賦与した。我国の文化の考察は、結局我国の自然の考察に歸て
行かなくてはならぬ。

・その基本意識
人間生活を宗教的とか、知的とか、道徳的とか言う風に泰然と区別してしまう
ことは、正しくない。それは、具体的な1つの生活をバラバラにし、生きた全体
として掴むことを不可能にする。しかし、1つの側面をその美しい特徴によって、
他と区別して観察すると言うことは、それが、全体の一側面であることを
忘れられない限り、依然としてひつようなことである。

芸術は衆生にそのより高き自己を指示する力の故に、衆生救済の方便として
用いられる可能性を持っていた。仏教が芸術と結びついたのは、この可能性
を実現したのである。しかし、芸術は、たとえ方便として利用されたとしても、
それ自身で、歩む力を持っている。だから、芸術が僧院内でそれ自身の活動
を始めると言うことは、何も不思議なことではない。
芸術に恍惚とするものの心には、その神秘な美の力が、いかにも、浄福のように
感ぜられたであろう。宗教による解脱よりも、芸術による恍惚の方が如何に
容易であるかを思えば、かかる事態は、容易に起こり得たのである。

仏教の経典が佛菩薩の形像を丹念に描写している事は、人の知る通りである。
何人も阿弥陀経を指して教義の書とは呼び得ないであろう。これは、まず、
第一に浄土における諸仏の幻像の描写である。また、人びとも法華寺経
を指してそれが幻像のでないといいえまい。それは、
まず、第一に佛を主人公とする大きな戯曲的な詩である。観無量寿経の如きは、
特に詳細にこれらの幻像を描いている。佛徒は、それの基づいてみづからの
眼を持ってそれらの幻像を見るべく努力した。観佛は、彼らの内生の
重大な要素であった。仏像がいかに刺激の多い、生きた役目を務めたかは、
そこから容易に理解される。

観世音菩薩は、衆生をその困難から救う絶大な力と慈悲とを持っている。
彼に救われるには、ただ、彼を念ずればよい。彼は境に応じて、時には、仏身
を現じ、時には、梵天の身を現ずる。また、時には、人身も現じ、時には、
獣身をさえも現在ずる。そうして、衆生を度脱し、衆生に無畏を施す。
かくのごとき菩薩は、如何なる形貌を備えていなくてはならないか。
まず、第一にそれは、人間離れした超人的な威厳を持っていなければならない。
と同時に、もっとも人間らしい優しさや美しさを持っていなく絵ならぬ。
それは、根本においては、人ではない。しかし、人体を借りて現れることで、
人体を神的な清浄と美とに高めるのである。

・聖林寺11面観音より
切れの長い、半ば閉じた眼、厚ぼったい瞼、ふくよかな唇、鋭くない鼻、
全てわれわれが見慣れた形相の理想化であって、異国人らしいあともなければ、
また超人を現す特殊な相好があるわけでもない。しかもそこには、神々しい威厳と
人間のものならぬ美しさが現されている。
薄く開かれた瞼の間からのぞくのは、人のこころと運命を見通す観自在のまなこである

、、、、、、この顔を受けて立つ豊かな肉体も、観音らしい気高さを欠かない。
、、、四肢のしなやかさは、柔らかい衣の皺にも腕や手の円さにも十分現されていなが
ら、
しかも、その底に強靭な意思のひらめきを持っている。殊に、この重々しかるべき五体
は、
重力の法則を超越するかのようにいかにも軽やかな、浮現せる如き趣を見せている。
これらのことがすべて気高さの印象の素因なのである。

・百済観音について
漢の様式の特有を中から動かして仏教美術の創作物に趣かせたものは、漢人固有の情熱
でも思想でもなかった。、、、、、、
抽象的な天が具体的な仏に変化する。その驚異を我々は、百済観音から感受するのであ
る。
人体の美しさ、慈悲の心の貴さ、それを嬰児の如く新鮮な感動によって迎えた過渡期の
人々は、人の姿における超人的存在の表現をようやく理解し得るに至った。
神秘的なものをかくおのれに近いものとして感じることは、彼らにとって、世界の光景

一変するほどの出来毎であった。

・薬師寺聖観音について
美しい荘厳な顔である。力強い雄大な肢体である。、、、、、、
つややか肌がふっくりと盛り上がっているあの気高い胸。堂々たる左右の手。
衣文につつまれた清らか下肢。それらはまさしく人の姿に人間以上の威厳を
表現したものである。しかも、それは、人体の写実的な確かさに感服したが、
、、、、、、、、
もとよりこの写実は、近代的な個性を重んじる写生とはおなじではない。
一個人を写さずして人間そのものを写すのである。

なお、和辻哲郎がその美しさを認めている像には、
薬師寺の薬師如来と夢観音あるが、ここでは、省く。
中宮寺観音は、すでに、和辻哲郎の全体の意識の大きな要因として、
記述した。

・阿弥浄土図について
まことにこの書こそ、真実の浄土図である。そこには、宝池もなく宝楼もなく
宝樹もない。また、軽やかに空を飛翔する天人もいない。ただ大きい弥陀の
三尊と上下の端に装飾的に並べられた小さい人物とがあるのみである。
しかも、そこに、美しい人間の姿をかりて現されたものは、弥陀の浄土と
呼ばれるにふさわしいものである。

産業用3Dプリンター近況

産業用3Dプリンターへの本格的な取り組みがようやく
始まったようである。既に、一般用については、数回ほど
記事を書いているが、一般分野でも、国外での様々な動きに
して、かなりの遅れが目立っていた。産業用については、
更に、その遅れを感じている。一般分野では、3Dデータ
としてのネットとの整合性の良さから、何時でも、何処でも、
誰でも、の感覚で大きなマーケットプレイスも拡大している。
ディジタルファブとしての裾野の広さは、我々の生活や社会
環境も変える可能性も持っている。
また、産業用は、日本のモノづくりとしての根幹に関わる
問題のはずなのに、先進的な中小企業の独自の取り組みに任せる
のみで、国としての総合的な基盤創りとしての戦略がない様
でもあったが、ようやく具体的な動きが出てきた様である。

1.国の産業向け3Dプリンター事業の目的
(三次元造形技術を核としたものづくり革命プログラムより)
切削加工、溶解・鋳造等に次ぐ第3の加工法とされる三次元積層造形
技術の進歩は、軽量でこれまでにない機能や複雑構造を有する等の
高機能製品の開発を加速するだけでなく、商品企画、設計、製造プロセス
のデジタル化の進展等が伴うことにより、地域、中小企業、個人の知恵
や感性を活かした新たな付加価値を持つ製品の創製、商品企画から設計・
生産までの時間を大幅短縮、地理的、空間的制約からの開放など、もの
づくりに“革命”を起こす潜在力を秘めているとされ、欧米では製造業
の再生の柱として三次元積層造形技術の開発が活発化している。

我が国においても新たな成長戦略である「日本再興戦略 -JAPAN is BACK-」
において国家プロジェクトとして推進すると位置づけるとともに、
「科学技術イノベーション総合戦略~新次元日本創造への挑戦~」
(6月7日 閣議決定)においても、三次元積層造形装置等の高度な生産技術
を地域のものづくり産業に適用することを明記されている。

我が国ものづくり産業がグローバル市場において持続的かつ発展的な競争力
を維持するために、地域の中小企業等の持つ技術や資源を活用し、少量
多品種で高付加価値の製品・部品の製造に適した三次元積層造形技術や
金属等の粉体材料の多様化・高機能複合化等の技術開発及びその周辺技術
の開発を行い、次世代のものづくり産業を支える三次元積層造形システムを
核とした我が国の新たなものづくり産業の創出を目指す。

2.金属用3Dプリンターの絶大な効果、コスト削減と性能向上
3Dプリンターは、さまざまな業界に多くのメリットをもたらすが、
とりわけコスト削減と性能向上という二つのメリットが大きい。この側面
からメリットが期待されるのはGEやエアバスといった航空宇宙産業や
フォードなどの巨大な自動車産業だ。
従来の製造方法から3Dプリント製造に切り替えることで莫大なコスト削減
効果をもたらすと期待されている。
例えば、GEは、ジェットエンジンの燃料ノズルを3Dプリンターで作ること
で莫大なコストを削減することを可能にしている。
そのコスト削減効果は、製造に関する直接的なコスト、すなわち金型代や
材料コスト、エネルギー料といったものにはじまり、間接的なコスト、
すなわち軽量化によってもたらされる燃費向上と燃料代の削減といった
ものまで及ぶ。

3.金属用3Dプリンター技術開発とは
(三次元造形技術を核としたものづくり革命プログラムより)
三次元積層造形技術開発について、世界最高水準の次世代型産業用三次元
積層造形装置の開発を行い、航空宇宙分野、医療機器分野、産業輸送機器
分野等において、これまでできなかった製品、形状が複雑でいくつかの
加工技術を組み合わせないと製造できなかった製品ないし自由で複雑形状等
の高付加価値製品等の製造を実現する。金属粉の焼結・溶融に適した高速
レーザー装置等の開発から、造形雰囲気の制御、金属粉の積層技術の高速化等
の日本のものづくり産業の強みを有する部分での開発を行い、積層造形
速度が、現在の10倍、製品精度が、現在の5倍となる高速・高性能別
三次元積層造形装置を開発し、さらに、開発が終了する2020年に当該装置
を実用化する。また、金属だけでなく鋳造鋳型用の砂やセラミックス等に
ついて、積層造形装置に使用できる部材としての開発や、材料の複合化・
高機能化、後加工技術、未使用材料の回収等の周辺技術開発についても
実施する。さらに、三次元積層造形に係る材料等の基盤技術の研究開発
も合わせて行うことにより、次世代のものづくり産業を支える三次元積層
造形システムの高度化を図る。

4.今後の可能性について
3Dプリンター普及のネックとなっているのは「スピード」と「価格」。
現行の産業用3Dプリンターのシェアは外国製が中心で、1台1億円の機種も
珍しくない。こんなに高価なのにもかかわらず、従来の工法と比較したとき、
単に性能を高めればいいわけではない。
一つの重要な視点として、「日本の職人の技術と3Dプリンターをどう
フィットさせるか」がある。「3Dプリンターで高精度の砂型をつくった
としても、例えばどのような角度から、どんな速度で溶かした金属を
注入すればよいのかを熟知していなければ、質の高い製品をつくること
はできない。日本の鋳造技術は世界でもトップクラス。工程のなかに、
熟練した鋳造職人のノウハウと3Dプリンターをうまく取り込めば、
日本の強みを最大限に活かしたものづくりができる。中小企業も含め、
製造現場に新しい発想をもたらす近年は「型」にとどまらず、金属粉を
溶かして固め、直接「製品」を造形する技術も急激な進化を遂げている。
「この方法なら切削では困難だったメッシュ加工や中空加工なども
思いのままとなる。研究を段階的に進め、いずれは複数の種類の金属
を組み合わせる複合組成の技術も確立し、こうした繊細さが求められる
加工は、まさに日本の得意分野であり、欧米をリードする技術に成長
する可能性も十分にある。
3Dプリンターは、より自由な発想を後押しする。せっかく素晴
らしいアイデアをもっていても、形にする技術がないために消えていった。
そんな例は無数にある。これまでの枠組みにとらわれない、新しいもの
づくりが広がって行く。

« 2014年9月21日 | トップページ | 2014年9月27日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ