« 2014年9月25日 | トップページ | 2014年10月3日 »

2014年9月27日

2014.09.27

楽浪(さざなみ)志賀は風の里

志賀は、風の里である。
比良山系の1000m級の山並から琵琶湖に向かって、吹き降ろす
風は、厳しさと優しさを秘めている。
昔は、比良三千坊と呼ばれた比叡山の末寺の里でもあった。
今は、その面影はない。その昔、比良山系は天台僧の修行の場となり、
多くの寺院が山中に営まれていた。この様子を、「比叡山三千坊」
「比良山七百坊」と言われてきたが、ダンダ坊(壇陀坊)もこれらの
坊の一つであり、比良山中最大の寺院遺跡がある。

雲が様々な色合いを持つ木々に、時には、深く、時には、白く、時には
黒い不安な影を落としながら、流れて行く。
今日も、日差しは雲の兵隊達に阻まれ、その雄姿を見せてくれない。
しかし、既に、人間世界の営みは始まっている。木々の間に無様に広がる
無機質なコンクリートの道を行く車や玩具の様な緑と橙色の電車が、音も
無く通り過ぎて行く。
鳥達が風に逆らいながら、我が家に戻るのであろうか、1羽が力強く、
羽ばたいて南へ飛んで行く。
力強い比良山系と母なる琵琶湖に挟まれた静かな里でもある。

志賀に住み、また外から此処を見るにつけ、
小椋圭の「山河」を思い出す。
まだ残るこの歌詞の風情、想いをそのままにしたい。

ーーーーーー
人は皆 山河に生まれ、抱かれ、挑み、
人は皆 山河を信じ、和み、愛す、

そこに生命をつなぎ、生命を刻む
そして終わりには 山河に還る。

顧みて、恥じることない足跡を山に残しただろうか
永遠の水面の光増す夢を河に浮かべただろうか
愛する人の瞳に愛する人の瞳に
俺の山河は美しいかと。美しいかと。

歳月は 心に積まれ 山と映り
歳月は心に流れ 河を描く

そこに 積まれる時と、流れる時と、
人は誰もが 山河を宿す。

ふと想う、悔いひとつなく悦びの山を 築けたろうか
くしゃくしゃに嬉し泣きするかげりない河を抱けたろうか
愛する人の瞳に愛する人の瞳に
俺の山河は美しいかと。

顧みて、恥じることない 足跡を山に残しただろうか
永遠の 水面の光 増す夢を河に浮かべただろうか
愛する人の瞳に愛する人の瞳に
俺の山河は美しいかと。美しいかと。
ーーーーーー

この風、比良おろし、比良八荒、にも関係するが、
湖国に春の訪れを告げる恒例の法要「比良八講(ひらはっこう)」は、例年3月26日
に大津市と周辺の琵琶湖で営まれ、僧りょや修験者らが、比良山系から取水した“法水
”を湖面に注ぎ、物故者の供養や湖上安全を祈願する。
この法要は、比叡山僧が比良山中で行っていた修法。法華八講(ほっけはっこう)と
いう天台宗の試験を兼ねた大切な法要である。
比良山、琵琶湖、そして春風、全てが1つの流れとして息づいている。
山河ありである。

ビジネスマンは心の元気が必要!

景気は、良くなったと言うものの、多くの中小企業で、頑張る
人達からは、余りのその実感が伝わってこない。
しかし、その状況に、甘んじ、また、不満を言っても、根本的な
解決には、ならない。まずは、個人としての意識改革が必要でもある。
今回のエクササイズを少しでも、継続的に実践してもらいたい。

クリストファー・ピーターソンは、ポジティブな特性の発達や
発現を促進するための10のエクササイズを進めている。
ここでのエクササイズは、おざなりのものではない。エクササイズが
意図された通りの効果を発揮するかどうか分からないし、
実験をするという精神を持ってアプローチすべきである。

1)自分の遺産を書いてみる。
自分の人生における最期の瞬間を思い描いて、自分がどんな生き方を
してきたのかをじっくりと考える様子をそうぞうしてみて欲しい。
・感謝の手紙対許しの手紙
習慣的に他人に感謝している人は、そうでない人よりももっと幸せだ。
・楽しい活動対慈善活動
自身の楽しみを追い求める姿勢よりも、他人のしあわせを考えることの
できる姿勢を持っている方が、高い満足度が得られる。
・時間の贈り物
重要なのが、私を支援してくれた人達が、何を与えてくれたではなく、
どの様にじかんを与えてくれたか、である。
・3つの良いこと
一日の終わりにその日に上手く行った三つの出来事を書き留めること。

2)どうぞ良い日を
一日の終わりにその日の全体の評価を書き込む。
・自分の人生で最高の一日であった。 10点
・特別に良い日であった。 9点
・素晴らしい一日だった。 8点
・とても良い一日だった。 7点
・良い一日だった。 6点
・平均か普通の一日だった。 5点
・平均以下の一日だった。 4点
・ひどい一日だった。 3点
・とてもひどい一日だった。 2点
・自分の人生で最悪の一日だった。 1点

3)深く味わう
経験をした出来事を深く味わう。
・人と共有する。自分の経験を共有できる人を探してみる。
・記憶を構築する。出来事について、記憶、記録する。
・自分で祝ってみる。自身に語りかけ、自身の気持ちがどれほど
になっていたか?
・知覚を鋭くする。ある特定の要素に意識を集中する。
・喜びに浸る。経験から得た喜びに完全に浸る。

幸せは単なる意志の産物ではなく、意志は、幸せの構成要素なのである。
幸せ=セットポイント(それ以上向上できない値)+生活環境+意志に
基づく活動

4)幸せのデータ
幸せに至る道としては、快感の追求、エンゲージメントの追求、
意味の追求、勝利の追求と言う4つの可能性があるとのこと。
ここでは、以下の16の設問に対して回答することにより、
あなたの主な志向性が分かる。
設問に対しては、
・とてもよく当てはまる 5点
・よく当てはまる 4 点
・やや当てはまる 3点
・少しだけ当てはまる   2点 
・まったく当てはまらない
1点
の五項目から選ぶこと
設問開始
1)自分の人生にはもっと高い目標がある。
2)人生は短いので、楽しみを先延ばしにすることなど出来ない。
3)自分のスキルや能力が試されるような状況を探し求める。
4)自分がキチンと生きているかいつも確認している。
5)仕事でも遊びでも、ゾーンにはいる、ことが多く、
自分自身を意識しない。
6)自分がやることにいつもものすごく夢中になる。
7)自分の周囲で起きていることに気が散ることはめったにない。
8)自分には世界をよりよい場所にする義務がある。
9)自分の人生には永続的な意味がある。
10)たとえ、何をしていても自分が勝つことが重要である。
11)何をすべきか選ぶ時には、それが楽しいことかどうかを
いつも考慮する。
12)自分がやりことは社会にとって意義のあることだ。
13)他の人より多くのことを達成したい。
14)人生は短い、大いに楽しもう、と言う言葉に同感する。
15)自分の感覚を刺激するすることが大好きだ。
16)競いあうことが大好きだ。

採点方法
設問に対する点数を採点して行く。
先ほどの4つの可能性を示す設問は、
・快感の追求が 2)、11)、14)、15) となる。
・エンゲージメントの追求が3)、5)、6)、7)となる。
・意味の追求が1)、8)、9)、12)となる。
・勝利の追求が4)、10)、13)、16)となる。
4つの可能性の集計点数が最も高いものがあなたの主な
志向性である。
また、4つの得点構成をみるとあなたの充実度も判断される。
4つの全てで、15点を超える高得点であれば、人生の満足度が
高い傾向にある。
逆に、4つの全てで9点未満であれば、あなたの人生の満足度
は低い傾向にある。

5)窮地で楽観的になることを学ぶ。
楽観的思考の事例の多くが、悪い出来事をいみじくも他人や
状況のせいにしてしまう事例が多いが、楽観的であるというは、
責任を転嫁することではない。

人間には、いくつかの核となる美徳が幅広く支持されている。
具体的には、
知恵、勇気、人間性、正義、節制、超越性。
この6つの美徳から24の強みが考えられており、評価することが出来る。

6)とっておきの強みを新しい方法で使ってみる。
とっておきの強みとは、
・強みに関して、所有意識と本来感がある。
・特に初めて強みを発揮する時には、高揚感がある。
・強みを発揮を発揮する方法を素早く学ぶことに長けており、
実践される。
・強みを発揮するのに、常に新しい方法で学ぶことになる。
・強みに従って行動したい切望する意識を持つ。
・強みを発揮することが必然であると言う感覚を持つ。
・強みには、突然の悟りで得られる様な発見がある。
・強みを発揮する時には、疲労でなく活力が得られる。
・強みを中心に、自分に与えられた根本的な課題を創造して
追求して行く。
・強みを発揮したいという内発的な動機つけがある。

人間の価値観の普遍的な構造とは、
・達成
・慈善
・適合
・快楽主義
・権力
・治安
・自己主導性
・刺激
・伝統
・普遍性
こうした価値観は二つの基本的次元に沿って構築されている。
一つの次元は、価値観が自己高揚を中心に展開する場合であり、
二つの次元は、維持である。

7)いつ、どの様に選択するかを選択する。
日頃から最善を尽くすことが出来る仕事というのは、あなたが好きな
仕事なのだ。
そのキーワードは、興味、達成、能力である。
興味目録法は、個人が表明した興味に対して、その興味を満たす傾向
にある特定の仕事と適合させる質問方式である。

8)自分の興味や能力を最大限に活かすために課題を作り変えてみる。
まずは、正直に自分自身を振り返ってみて、以下の7つの知能に従い、
自分が得意としていることを検討する。
7つの多元的知能とは、
・言語的知能
・論理、数学的知能
・空間的知能
・音楽的知能
・身体運動的知能
・個人内知能
・対人的知能

9)習慣を変えてみる。
自分自身の変化について観察が出来るような習慣を具体的な形で
決めておくことは、重要である。
小さな段階に従って習慣を変えて行く方が、自分の変化に気付き
ながら実行出来るため容易でもある。

二人の人間における関係には明らかに多様な形が存在する。
その形は、
・親和
・好意
・友情
・愛
例えば、良好な結婚生活のためには、確実にポジティブな要素と
確実にネガティブな要素の比率が、5:1を上回っている必要がある。

10)積極的、建設的な反応
良い知らせにはその都度、積極的かつ建設的な反応を心がける事。
自分の反応について、観察し続けてみて、積極的・建設的な反応
を示す回数が他の反応の仕方に比べて少なくとも、3:1で、
上回ることを確認する。

いずれも、そんなに時間の掛かるものでない。
是非、一度、トライしてみては!

pinterestにポジティブ心理を活用!

Webサービスの深化は、かなり進んでいるが、その基本は、
個人レベルの行動データが主である。人の想いが行動に現れと
の基本的なアプローチであるが、それをもう少し心理的な
アプローチで、より高いサービスが出来ないか?

ポジティブ心理学は、個人と組織の活性化を多様な視点から
チェックし、その人の幸福度を上げ様とするものである。
見方を変えれば、個人ベースのビジネスであれば、この
ポジティブ化を上手く活用することで、そのビジネスレベルも
より顧客サービスの高いものが提供できることになる。

例えば、
各人が貯め込んだ写真には、その撮影時の気持ちが有るはず。
これは、商業写真の様な人の想いが余り移入されない場合には、
チョット無理であるが、facebookに有る様な写真は、想いがあるはず。
これらを有るカテゴリーで分けて、pinterestページに投稿する。
・風景、写真などの一般的なカテゴリーわけでも良い
・撮影時の心の動きをいくつかのカテゴリーに分けて、投稿する。
と言う手法もある。

1)pinterestは、snsである。
但し、基本は、各自の投稿する写真と簡単なコメントが主となる。
やや年代の高い方には、思いつきもしないビジネスモデルであるが、
グローバル的に、特に、女性には、圧倒的な人気がある。
参加者は、数億人?とも言われている。
いずれにしろ、テキストでは、各国の言語が有り、その理解は大変であるが、
写真、イメージは、受け取る人間の文化土壌による差異が生ずるものの、
結構、伝わるものである。
まさに、イメージで、会話が出来ることが、pinterestの最大のメリットであろう。
手作り的な作品のマーケットプレイスとしては、面白い。

2)これは、顧客向けサービスにも有効である。
ポジティブ心理学での個人レベルのポジティブ性を高めるやり方に、
自身のポジティブ状態を記録に残すのが、有効である、との報告が
ある。

ポジティブが高まった時、
ネガテォブになった時、
その時に関係した写真、記事、その時の情景描写など、関係する多くのものを
蓄積して行き、後日、特に、ポジティブ性が高い時の記録を見直す、とのこと。

マインドマップ手法の基本でもある、人の連想力の活用である。
残っていた情報から、自身のポジティブ性が高い時を連想し、
現時点でのポジティブ状態を、さらに、引き上げるのである。
これを「ポジティブポートフォリオ」と言う。

3)ポジティブポートフォリオの作成について
・記録データのほとんどは、写真となる。
・現在のサービス機能から考えれば、pinterestが一番である。
他にも、同様のサービスはあるが、その広がり、影響具合、自身の慣れ、
などから望ましいサービスと思う。

・ポートフォリオである以上、基本軸の決め方が重要となる。
ポジティブな感情には、16あるとのこと。
1)現在に対するのは、
・喜び
・絶頂感
・落ち着き
・熱意
・歓喜
・快楽
・フロー(完全な充足感の状態)
2)未来に対するのは、
・楽観
・希望
・信念
・信頼
3)過去に対するのは、
・充足感
・安堵感
・達成感
・ 誇り
・平穏
に区別している。

対人的なサービスでは、撮影者の現在に対する感情マップが望ましいであろうし、
顧客が幾つものシーンを撮る場合は、時間内での顧客の心の動き動きを
pinterestページで、以下の様な4象限に投稿し、ちょっと視点の違う
サービスができるかもしれない。

顧客が、はじめの硬い表情や態度から、徐々に、4象限の中で、
変わっていくのを、pinterestページで、体感し、顧客と撮影者
がその気持ちの共有化を高めて行く。

先ほどの例の様に、7つある感情を、4つの軸に分ける事で、自身や顧客の
内的な変化をフォローするには、適切かもしれない。

第4象限には、(左下) 落ち着き
第3象限には、(右横) 熱意と喜び
第2象限には、(右上) 快楽と歓喜
第1象限には、(左上) 絶頂感
となる。
即ち、pinterestページでは、4つのカテゴリーが基本となる。

写真を中心とする個人的な表現は、そこに個人の強い感情が
込められている。これを顧客の想いの流れとして、上手く
仕掛けることが、顧客サービスアップとして有効である。

« 2014年9月25日 | トップページ | 2014年10月3日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ