« あるフリーターの記事から、思う | トップページ | 和辻哲郎の日本精神史から、思う »

2014.11.18

ただひたすら座禅せよ。道元を知る。

道元は、知らなくとも座禅は名前ぐらい知っているでしょうし、結構一日ながらでも
経験している人が多いはず。

道元は、「南無阿弥陀仏」と言う念仏を唱えることで、衆生の
願い(仏の世界への旅立ち)を叶えられるという時代に、
「只管打座ーただひたすら座禅せよ」と唱えた。

そのために、「普勧座禅儀」を書いた。
「座禅は、即ち、大安楽の法門なり。もしこの意を得ば、自然に
四大軽安、精神爽利、正念分明、法味神助け、寂然清楽、日用天真なり。
すでに能く発明せば、謂つべし、竜の水を得るが如く、虎の山によるに
似たりと」と言っている。

道元の思想の根本は、
「修証一如」。
道を探り、悟りを求めて座禅すると言うそのプロセス自体の中に、
既に、悟りがあると言う。「修証一如」、つまり修行することと
悟りを開くことは1つである。
この根底にあるのは、「脚下を照顧せよ」として、普段の生活まで
自身の足元をみることを勧める。
正法眼蔵全95巻の「弁道話」には、
「修証はひとつにあらずとおもえる、すなわち、外道の見なり。
仏法には、修証これ一等なり。いまも証上の修なるゆえに、初心
の弁道すなわち本証の全体なり」

道元の基本的なスタンスは、まずは、既存の考えを否定すること
ではないか、とも思える。
例えば、
涅槃経の 「一切衆生 悉有仏性 如来常住 無有変易」
は、誰にでも、仏になる素質を持っている、と解するが、
道元は、違う。
「一切の衆生、悉有が仏性である」と説く。
一切の生きとし生けるものは、悉有の一部であり、草木草木
虫類に至るまで、そのまま仏性と考えている。

道元が、絶対真理を詠んだ素晴らしい歌がある。

「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて すずしかりけり」

春に花が咲く、夏にはほととぎすが来て鳴く、秋には月が美しい、
冬には雪が積もる。ごく当たり前の情景で、何一つ不思議はない。
しかし、その当たり前のこと中に、夫々の現象が夫々の季節に
姿を現していて、それ以外には、季節の現れ方はないと言う
絶対的真理があると言っている。
すなわち、全ての季節を夫々に共通の世界の真実がそこに
現れていて、何一つ変わることはない。そう思えば、心は
非常に涼しいという境地を詠んでいる。

道元は、その92巻で、生死についても言っている。
「生死の中に仏あれば生死なし。また曰く、生死の中に
中に仏なければ生死にまどわず」
生死は、生と死という2つを論じているのではない。
仏教では、生死は、生き死にのあるこの煩悩の現世を言っている。
生死の中には、元々、仏がある。すなわち、絶対的な真実を
掴んでいればすでに、現世を越えている事となり、今更、
生きる死ぬと言うことを迷う必要はない。逆に、生も死も
只それだけの事実で、ことさら悟りや救いがある訳でもない
と観念していれば、生だ死だと騒ぐ必要もない。

そして、
「生より死にうつると心うるは、これあやまり也。
生は、ひと時のくらいにて、すでにさきあり、のちあり。」
生と死は、分けて考えてはいけない。その事実を事実として
徹底的に受け入れること。
先ほどの道元が詠んだ歌の境地でもある。
生きていると言うことは、死と比べて生きているといことではない。
そこには、絶対的な今しかない。

死を迎える心とは、
「生きたらばただこれ生、滅来たらばこれ滅にむかいてつかうべし。
いとうことなかれ、ねがことなかれ」
我々は、既に、生と死の中にいる。それであれば、いまさら、死や
死後の成仏を願うこともない。生の中にいて、生以外のものを
願うことはできないし、死の中にいて死以外のこともありえない。

元々、生きている日々は、最後の死へ近づく日々でもある。
「健康、健康と騒ぎ立てる」が、要するに、生きていることが
本人にとって、一番悪いのかもしれない。

達するべき己の境地とは、
「ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいえに投げ入れて、
仏のかたよりおこなわれて、これにしたがいもていくとき、
ちからももいれず、こころもついやさずして、生死をはなれ、
仏となる。」
これは、正法眼蔵の、「生死の巻」にある、最大の真髄を
言っている。
全部の自分を捨ててしまう時、本当の真相が露わになり、それが、
人間を向こうから明らかにしてくれる。だから、力んでしまう
ことはない。そのまま生死を離れ、仏となることが出来る。
大事なのは、ただわが身、その心をも、放ちそして忘れること。

生死を分ける戦争のような狂気がない現在、この、「生死の巻」
をキチンと理解することの出来る人は少ない。
しかし、戦争時、これを真剣に、わが身で処した人々は、少なくない。
今回のような病気になっても、わが身では、まだまだ、
不十分。健康な人が生死を意識しないのを、意識するように
なったぐらいかもしれない。

正法眼蔵の、「生死の巻」
「この生死は、すなはち仏の御いのちなり。これをいとひすてんとすれば、
すなはち仏の御いのちをうしなはんとする也。
これにとどまりて生死に著すれば、これも仏の御いのちをうしなふなり。
…いとふことなく、したふことなき、このときはじめて仏のこころにいる。
ただし、心を以てはかることなかれ、ことばを以ていふことなかれ。
ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいへになげいれて、
仏のかたよりおこなはれて、これにしたがひもてゆくとき、ちからをも
いれず、こころをもつひやさずして、生死をはなれ、仏となる。」

「仏となるに、いとやすきみちあり、もろもろの悪をつくらず、生死に
著するこころなく、一切衆生のために、あはれみふかくして、上をうやまひ
下をあはれみ、よろずをいとふこころなく、ねがふ心なくて、心におもう
ことなく、うれふることなき、これを仏となづく。」

この巻は正法眼蔵九十五巻の中では大変短い巻である。
そしてこれを書かれた年月もはっきりしていない。
しかし、道元の生死に対する見方が、短い巻の中に言い尽くされている。
この巻の書き出しの言葉は「生死のなかに仏あれば生死なし」であり、
これは修証義のはじめの言葉でもある。私たちにとって生死の問題
を究明することは重要で、だれしもこれを避けてはならない問題。
この世に生を受けたるものはいつか必ず死をむかえるのもこれは事実
であり、そして如何に死を迎えるかということが大切である。
それは如何に生きるかということでもある。

正法眼蔵諸悪莫作の巻には「生を明らめ死を明らめるは仏家一大事の
因縁なり」とあり、つまりこれこそが仏教の根本問題である。

「生死の中に仏あれば生死なし」という言葉の中に道元の生死観
が言い尽くされている。この言葉の意味は、生死というのは真理であり、
真理の外に生死はないということである。
ここでいう「中」とは「即」という意味であり、「仏」とは「真理」
という意味であります。ここに引用させていただいた言葉の大意
を現代語に訳して置く。

「この生死は仏の御生命であり、真理であります。これを厭い捨て
ようとすれば、仏の御命を失うことになります。生死の問題に
執着すれば、これも仏の御命を失うことになります。・・・生死を
厭うことも慕うこともなくなればそれは仏の心、つまり真理の世界
にいるのであります。身心を投げ出して生死に執着せず、」
仏の家に我が身心を投げ入れ、仏におまかせし、仏さまに導びかれて
ゆくならば、己は力をも入れず、心をも働かさなくて、それでいて
生死を離れることができ、仏となるのであります。

「仏となるに易しい方法があります。それはいわゆる悪の心を起こし、
悪行を行わず、生死に執着せず、全てのものに対して哀れみをかけ、
上を敬い、下を哀れみ、あらゆるものごとを厭い嫌うことなく、
願い慕うことなく、心に迷い煩うことなく、憂うることのない、
このような人を仏といい、外に仏はないのであります。」

これが現代語訳であり、生き死ぬということ、つまり生滅
ということは大宇宙の動かすことの出来ない真理であり、無常
こそ世の道理である。このことがわかり、而今を全機に
生きるならば「生死なし」である。これは物質的な生死は
人間だれしも避けられないが、それを厭いまた願うという
執着の心を離れ、生が来れば生を、死が来れば死を心静かに
受けるという、仏に任せきりの境地に到るならば、それは
心安らかで、まさに悟りの境地というべき。

「生まれてはつひに死すべきことぞのみ、さだめなき世のさだめ
なりけり」という古歌がある。生も大宇宙の真理、死も
大宇宙の真理、一日一日、今日今時を如何に生きるかということ
が私たちに与えられた永遠のテーマであり、日々仏法僧の
三宝に帰依する生活を送りたいもの。

« あるフリーターの記事から、思う | トップページ | 和辻哲郎の日本精神史から、思う »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79186/60673998

この記事へのトラックバック一覧です: ただひたすら座禅せよ。道元を知る。:

« あるフリーターの記事から、思う | トップページ | 和辻哲郎の日本精神史から、思う »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ