« 2016年5月20日 | トップページ | 2016年6月3日 »

2016年5月27日

2016.05.27

30年前の本から思う,柔らかな個人主義の誕生

この本は、1984年に刊行され、60年代と70年代についての分析が中心であり、
著者の「消費」の定義の仕方など、現在でも十分に通用する内容ではあるが、
個人的には組織の中で一途に仕事に打ち込んでいた自分にとっては、これからの社会
への自分個人の関わり方の示唆として読み取ったものだ。しかし、30年ぶりに
読み返せば、あの時、これらの内容をもう少し深く実践の想いで読めば、少し違う
今の自分が存在した、かもしれない。

池田内閣の所得倍増計画の下で高度経済成長を目指していた60年代の日本社会が、
その目的を遂げた後、どのように変化していったのか。70年代に突入して増加し
始めた余暇の時間が、それまで集団の中における一定の役割によって分断されていた
個人の時間を再統一する道を開いた。つまり、学生時代は勉学を、就職してからは
勤労を、という決められた役割分担の時間が減少したことにより、余暇を通じて
本来の自分自身の生活を取り戻す可能性が開けたということである。
こうした余暇の増加、購買の欲望の増加とモノの消耗の非効率化の結果、個人は
大衆の動向を気にかけるようになる。
以前は明確な目的を持って行動できた(と思っていたが)人間は、70年代において
行動の拠り所を失う不安を感じ始める。こうして、人は、自分の行動において他人
からの評価に沿うための一定のしなやかさを持ち、しかも自分が他人とは違った存在
だと主張するための有機的な一貫性を持つことが必要とされる。

それを「柔らかい個人主義の誕生」と考える。今読み返しても、その言葉を
なぞっても、決してその古さを失っていない。
だが、
個人とは、けっして荒野に孤独を守る存在でもなく、強く自己の同一性に固執する
ものでもなくて、むしろ、多様な他人に触れながら、多様化していく自己を統一
する能力だといえよう。皮肉なことに、日本は60年代に最大限国力を拡大し、
まさにそのことゆえに、70年代にはいると国家として華麗に動く余地を失う
ことになった。そして、そのことの最大の意味は、国家が国民にとって面白い
存在ではなくなり、日々の生活に刺激をあたえ個人の人生を励ましてくれる
劇的な存在ではなくなった、といふことであった。
いわば、前産業化時代の社会において、大多数の人間が「誰でもない人
(ノーボディー)」であったとすれば、産業化時代の民主社会においては、
それがひとしく尊重され、しかし、ひとなみにしか扱はれない「誰でもよい人
(エニボディー)」に変った、といへるだらう。、、、、
これにたいして、いまや多くの人々が自分を「誰かである人(サムボディー)」
として主張し、それがまた現実に応へられる場所を備へた社会がうまれつつある、
といへる。確実なことは、、、、、、ひとびとは「誰かである人」として生きる
ために、広い社会のもっと多元的な場所を求め始める、ということであろう。
それは、しばしば文化サービスが商品として売買される場所でもあらうし、
また、個人が相互にサービスを提供しあう、一種のサロンやボランティア活動の
集団でもあるだらう。当然ながら、多数の人間がなま身のサービスを求めると
すれば、その提供者もまた多数が必要とされることになるのであって、結局、
今後の社会にはさまざまなかたちの相互サービス、あるいは、サービスの交換
のシステムが開発されねばなるまい。

インターネットが普及し本格化したのは、2010年ごろからだ。そして、社会
の動きは彼の指摘するような形で進み、さらに深化している。今読んでも、この
指摘に全然古さのないことにただ感心するのみだ。「誰かである人
(サムボディー)」として、自己の存在を誰かに確認しようとし、その欲求を
更に高めている。さらに彼は、言う。

もし、このやうな場所が人生のなかでより重い意味を持ち、現実にひとびとが
それにより深くかかわることになるとすれば、期待されることは、一般に人間関係
における表現というものの価値が見なほされる、といふことである。
すなわち、人間の自己とは与へられた実体的な存在ではなく、それが積極的に繊細に
表現されたときに初めて存在する、といふ考へ方が社会の常識となるにほかならない。
そしてまた、そういふ常識に立って、多くのひとびとが表現のための訓練を身に
つければ、それはおそらく、従来の家庭や職場への帰属関係をも変化させることであら
う。これで、われわれが予兆を見つつある変化は、ひと言でいえば、より柔らかで、
小規模な単位からなる組織の台頭であり、いいかえれば、抽象的な組織のシステム
よりも、個人の顔の見える人間関係が重視される社会の到来である。
そして、将来、より多くの人々がこの柔らかな集団に帰属し、具体的な隣人の顔を
見ながら生き始めた時、われわれは初めて、産業化時代の社会とは歴然と違う社会
に住むことになろう。

この30数年前に語られた言葉がインターネットの深化に伴い、現在起きている
ことであり、それに対する個人の生きる指標でもあるようだ。この老いた人間にも
わかる。巷ではバブルの崩壊が囁かれる様になっていたし、どこかで、「己の
幸せは何」という気持が漠然と働いていたのであろう。その中で、個人の
意識変化とそれを起点とした社会の構造、意識の変化が如実になっても来ていた。
この本では、消費の視点を重視し、その変化を見ているが、結果的には社会構造
そのものの変化を指摘した。眼前の忙しさにかまけている中にも、世の中の変化
は多方面で迫ってきていた。週休一日が半ドンを入れての週休二日になり、働く
事への後ろめたさが漂いはじめていた。そして60歳定年制が同じ頃話題となった。
社会とは不思議なものだ。この60歳定年が、私が55歳になる頃また55歳へ
と戻ってくるのだ。12年ほど前の年寄り不要論に振り回されて会社の中で右往
左往する自分たちの姿を思い出すにつけ、苦い思い出が走馬灯のように私を
駆け巡る。
さらには、派遣の女性社員が私の周りにも増えてきた。彼女らの不満
や相談に乗る時間も増えてきた。我々の時代、終身雇用が当たり前だと思って
いたが、それが砂浜が侵食されるように徐々にその姿が変わってきた。
派遣社員の増加となり、職場の雰囲気も変わってきた。ワーキングプア、この
存在し得なかった言葉が当たり前の時代になっている現実は夢の世界なので
あろうか。働く事でその成果が年々見えていた時代、今思えば、なんと幸せな
時代を過ごせたのであろうか、これは老人の郷愁なのだろうか。
だが、「誰かである人(サムボディー)」として個の主張はより広く表現できる
ようにはなったが、何故か、個の存在がだんだん薄くなっている、そんな気持ち
が次第に強くなっている。

« 2016年5月20日 | トップページ | 2016年6月3日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ