« 「老い」自身への意味その2 | トップページ | 「老い」自身への意味その4 »

2017.02.17

「老い」自身への意味その3

だが、私に限らず最近は「心の老い」がさらに加速しているようにも見える。
わたしのNPOで「団塊世代の活動」をテーマに調査したことがあった。
1000人ほどの対象者にアンケートをしたり実際に聞いたところ、「仕事や社会活動
をしている人や今後したい人は数10人であった。多くの人は家から出ず、日々を漫然と
過ごしているそんな実態であった。「心の元気」が見られなかった。
また、ある特集記事の一文がある。

「「キレる老人」の言葉をよく聞くようにった。
「豊富な知識と経験を持ち、みんなから敬われる存在だった高齢者。ところが最近は
「突然怒り出す」「暴力を振るう」「理不尽な要求をする」といった迷惑な老人が
跋扈している。高齢化が進む中、暴走する高齢者は社会の重荷となりかねない」
そんな記事がよく見られるようになった。
「おいっ、タクシー代を出せ!」
昨年末の深夜のこと。六十歳過ぎの男性が駅員に大声で怒り狂っていた。その男性は都内
のある駅から自分の駅へ行くつもりが、年末の忘年会で酔っ払っていたのか、
間違った電車に乗って路線も名前も違う別の駅に着いてしまった。
その駅とは直線距離で五十キロ以上あり、すでに引き返せる電車はない時間で駅員
にちゃな要求を始めたのだ。当然、鉄道会社がタクシー代を支払う必要はないため拒否した。
すると男性はこう詰め寄った。「私は明日、数億円の商談がある。もし間に合わなくて
破談になったらおまえたちに責任が取れるのか」それでも駅員が頑として
応じずにいると、今度は「おまえみたいな下っ端じゃ話にならない。
もっと上の責任者を出せ」と言い出す始末。タクシー代をしつこく要求され、
らちが明かないと判断し、「警察で話し合いましょう」と切り出すと一転してトーンダウン。
すごすごと立ち去ったという。「若い人たちは終電で乗り過ごしても自分に
落ち度があると理解していて理不尽な要求をしてくることはあまりない。
たちが悪いのは高齢者ですよ。タクシー代だけでなく『ホテル代を出せ』
『始発までホームで待たせろ』などいろんなことを要求する。雨の日だと傘が凶器に
なる可能性があるので怖い」という。

病人かつ高齢者となると「いたわってもらって当たり前」という認識があるのか、
自己中心的な振る舞いをする老人、「人に注意されたり、何かを教えられたりするのを
嫌がる」老人たち、私もそのような現場に出くわしたことがあった。
逆切れ、クレーマー、自己中心、傲慢、常識はずれ、老人の自分も、どこかでその
ような状況を作っているのだろうか、自信のない自分がそこにいた。

数年前、「終わった人」という本が結構売れたそうだ。
主人公は大手銀行から子会社に出向させられ、定年を迎えた元エリートサラリーマン。
夫婦仲も冷めてしまい、何でもいいから仕事をしたいとベンチャー企業の
雇われ社長に就任するが、失敗して倒産。浮気相手の女性ともうまくいかず、
あがき続ける主人公、ジムに通ってみたものの、
「俺はジジババの同じ扱いを受けたくはない」
と、ジムの仲間とも距離を置く。定年したにも関わらず、プライドは捨てられないのである。、、、、。
文の始まりにある「定年は生前葬」というのは中々に的を得た表現だが、作者は、
「私が書きたかったのは、まだ六十代という若さで定年を迎える男の『その後』
なんです。趣味や旅行やゴルフや好きなことをどっぷりと楽しめる時間ができる
ことは確かですが、そんなものはすぐ飽きますよ。それらは忙しい仕事の合間に、
時間を捻出してやるから楽しいという部分がある。
六十代の若さで、“毎日が大型連休”の中で、社会から必要とされなくなった
自分を感じながら、旅行や趣味に生き甲斐を見出すのは、これは地獄かもしれない。
でも外に向かっては『第二の人生が自由で楽しみ』と言ってしまうんですね。
見栄で。今回はそんな男を主人公にして、『定年って生前葬だな』と
つぶやく日々を描いています」という。
60代は複雑な存在だ。
「終わった人」と烙印を押される一方で、本人は失った取り戻したいと言う焦り
に似たものがある。
気心の知れた仲間の緩やかな言葉のやり取りにあわすかのようにこの文章が
突然思い出されたことがあった。
すでに周りにも「終わった人」がたむろしている。そして、多くはその環境に
身を任せ、何かを取り戻したいと気持さえどこか片隅に置き忘れたように
毎日を過ごしている。
「心の老い」はこのようにしてさらに深く静かに染み込んでいくのだろうか。


« 「老い」自身への意味その2 | トップページ | 「老い」自身への意味その4 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79186/64904375

この記事へのトラックバック一覧です: 「老い」自身への意味その3:

« 「老い」自身への意味その2 | トップページ | 「老い」自身への意味その4 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ