« 2017年10月26日 | トップページ | 2017年11月10日 »

2017年10月27日

2017.10.27

台風の来た日

ここに移り住んで20年、これほどの風が吹き荒れた記憶はない。
元々このあたりは「比良おろし」と言って時には、電車まで止めてしまうほどの
風が好き放題に森や雑木林、家々を撫でまわしていくのだが、今回のはだいぶ
様相が違った。
前日から家を揺らしつづけている。
家全体がその風の凄さに悲鳴を上げていた。夕刻から始まった風は一夜明けても
止むことなく、周囲の家や街を取り囲むように生い茂る雑木林を左右に前後に
こねりまわしている。
眠りが浅くなると、その耳をほじくり返すように頭の奥まで、侵入してくる。
朝5時半ごろでああろうか、起きて机に座ると、まだ大きな暗闇がすべてを
隠し覆っていた。何も見えない暗闇というのは、これか。変な納得感の中で、
暫くはぽつねんと机に座っているだけだった。
突然、眼の間の暗闇が裂けた。その先には、比良の山並みの薄く見える頂に
黒く重たそうな雲がずしりとした威容で乗っていた。比良そのものがその
重さに悲鳴を上げている姿にも見えた。
やがて、薄明るい世界が暗闇を追い払っていった。

だが、いつもみる世界と何か違うと私の心が囁いている。
よく見れば、街灯を含め、すべての人工の光が見えていない。停電が起きていた。
時折、光の筋がゆっくりと流れていく。車で仕事に出かける人なのであろうか。
だが、それ以上の変化、それ以下の変かも起きない。無音と無明の世界のみだ。

停電は、その後も続き、西日が周囲を、台風の爪痕を四方に残した、赤く染める
ようになっても、続いた。やがて、赤や橙色光が薄暗闇に抱き込まれる時
となっても、変わらず、我が家は闇が支配していった。わずかの懐中電灯と
蝋燭の光の中で、息を殺すかのような時間が始まった。蝋燭の火影が天井に
不規則な影を揺らめかせている。これも楽しいものだという心と食事が
まだまだという肉体的な要求が微妙に揺れ出す。
突然、家の中が光に満ち溢れる。
先ほどまでの感傷はどこか遠くへと飛んで行っていた。

« 2017年10月26日 | トップページ | 2017年11月10日 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ