日記・コラム・つぶやき

2010.03.27

百寺巡礼、連戦連敗、ミステリー

今、五木寛之の百寺巡礼、建築家の安藤忠雄の連戦連敗、そして、ミステリーを並行して読んでいる。
ミステリーは別としても、百寺巡礼、連戦連敗は関係がない様でいて、結構関係がある。

百寺巡礼は,五木寛之が死ぬまでに100寺を巡るとの思いから各地の寺院を訪問する記録である。まだ読み始めたばかりであるが、結構面白い。各寺院の時代変遷、権力者とのつながりによる栄枯盛衰の姿は、今も変わらないようである。仏教の考え方の1つである「これから社会、世の中はドンドン悪くなる」、「正法の時代」から「像法の時代」へ、そして、「末法の時代」、最後が、「法滅の時代」。既に法滅時期になったような最近の様相。物欲先行の心無き時代。
「本願他力」を教えとする仏教をベースに考えれば、日本の落ち行く先は、何処になるのか?

連戦連敗は、安藤氏が建築家として認められるまでの建築コンペの苦闘の記述ではあるが、その過程で調査した建築としての時代の意味付け、時代背景、社会への影響などが上手く書かれている。
JR京都駅のコンペ参加にも記述されているように1つのシンボリックな建物にはその周辺の文化土壌、都市としての文脈の理解、が必須。その昔は、寺院は、正に、その時代、その土地の象徴でもあった。人々の心のつながりを具現化してきたのかもしれない。
また、建築物は、政治、芸術、経済のベースとする可視化的産物でもある。
パリが現在も、芸術・文化の発信都市として認知されているのは、数代にわたる大統領の指導と明確なコンセプトがあった。ポンピドウセンターから始まった美術の広域ネットワーク化は夫々の地区の美術関連建築に明確な
コンセプトがある。建造物が政治とは無縁のものではない証左でもある。

昨日のデザインセミナーでも言われていたが、日本のデザインも、50年以上を経過し、そのベースは出来てきたが、全体を総合的に見るレベルにはなっていないとの事。
しかし、政治、経済、しかり。

2008.08.09

葛飾北斎、まさに、画凶老人

自由業とは、良いもので、草津の顧客対応の帰りに、北斎の絵を見に行った。
小諸の美術館で、見て以来、浮世絵は結構、見に行っている。
富嶽三十六
景、富嶽100景の展示をやっている。

甲州石班沢(かじかざわ)の漁師と富士山の三角形を組み合わせた大胆な構図、神奈川沖浪裏の大波の中に浮かぶ富士山、その大胆な構図の使い方、駿州江尻の強風下で乱れ飛ぶ紙、蓑笠、そのダイナミックな動きには、ただただ感心。
写真の場合と現物(刷り物)の線の持つ切れ、厚み、の違いを改めて、認識する。

いつも、思うのだが、これらが、70歳の人によって書かれたということが信じられない。

更に年齢を重ねたからの富嶽百景も、三十六景の色刷りとは、違うモノトーンの凄さを見せてくれている。
3冊で構成されているのであるが、いずれも、独特の構図とモノトーンによる微妙な表現は、色彩画、などとは、
別次元の世界のようである。
霧中の不二の峠道の旅人と渓谷から発生した霧の描写は、中々に、面白い。
竹林の不二の竹、筍、笹などの巧みな組み合わせによるちょっと奇抜な組み合わせも参考になる。

富嶽百景の記述の中に、
「、、、、、七十三才にしてやや禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり故に八十才にしては益々進み九十才にしてなお其の奥意を極め、、、、、、、、、、、」
凄まじいまでの絵に対する執念。

最近の60歳定年者の「もう十分に仕事を果たしてきた」という言葉、戯言としかいえない北斎の思いである。
其の爪の、、、、でも。
Photo

2008.07.04

野沢尚って?

野沢さんって、ご存知ですか?coldsweats02
たまたま、NHKで、その自伝的紹介をやっていました。
脚本家であり、小説家です。
もっとも、私自身は、脚本家の野沢さんの略歴は、NHKを見るまで、全然、知らなかった。
私のある思いもあり、ミステリー小説を読み出して30年以上となるか?
もっとも、その昔は、コナンドイル、アガサクリスティ、、、、、あったが。

非日常の世界(最近の残虐、破廉恥なニュースからすると、どちらが、非日常か?分からないが、、、、)を論理的な構成にて、非論理、感情論的に構築していく佇まいは、中々に、面白い世界でしょう。

気になるのは、
野沢さん、宮部さん、乃南さん、桐野さん、マーゴリン、アボット、それに、藤原さん、歌野さんか。
野沢さんのは、破線のマリス、深紅、リミット、魔笛、特に、魔笛は、参考になる。
シッカリとした個人のプロフィールを構成した上で、小説の流れをつけたとのこと。確かに。
宮部さん、乃南さんとは、違う人の心の交流を描いているようである。もっとも、人の心の動きをキチンと描き出す点では、宮部さんが一番とは思うが。
一時、フィリップ・マーゴリンの凄さに感じ、全ては、読んだが、外国のミステリーは最近、ほとんど読んでいない。
表面的記述が多く、面白みが薄いようである。cat

昔、ミステリー小説の基本について書いた本を数冊呼んだ記憶があるが、最近のは、その基本からすれば、ミステリーには、属さないかも。まあ、こちらが、読み込めればよいのであるが。

チョット、本棚にも、色々な本が溢れ返っている(ミステリーが一番なのは、当然であるが)。整理したい所ではあるが、、、、、、、時間とその気が。


2008.05.02

5月である!!

Photo_4
仕事先も、NPOも、連休と言う感じ。
体重も、日増しに、増加していることもあり、3日連続で、マウンテンバイク行脚。
毎日僅か6,7Kmの行程ですが??

田植えの人、釣の人、山歩きのシニアグループ、この季節は、中々。
アレルギーの鼻炎さえなければ!!Photo
Photo_2
Photo_3

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ